国際バカロレア・初等教育課程実施校に認定されました

つくばインターナショナルスクール(TIS)は、11月17日(木)に、国際バカロレア(IB)の初等教育課程(Primary Years Program=PYP)実施校の正式認定を受けました。2008年4月の現所在地への移転以来、3年に渡りPYP認定を目指して取り組んできた本校の教育成果が認められたことになります。

現在、IB認定校は世界141カ国に3290校あり、971,000名以上の生徒が各課程で学んでいます。そのうち846校がPYP実施校です。(2011年11月22日現在、IBO HPより)

本校は日本で12番目のPYP認定校となり、IB実施校としては日本で22番目の学校です。特に、北関東以北には本校を含め2校のIB実施校がありますが、PYP認定校としては本校が初で唯一となります。(群馬国際アカデミーが、ディプロマ資格取得課程(Diploma Program=DP)認定を受けています。)今後、本校では引き続き中等教育課程 (Middle Years Program=MYP) の認定を目指します。

本校は、英語を話す子供たちのために、英語を基本とした教育の必要性から1992年にスタートしました。その後、2008年4月1日に前校長・加納正康が代表となり、現在の地に学校が移転しました。当初は前校長の自宅ガレージを改築した校舎に、わずか8名の生徒が在籍している学校でした。2009年3月には茨城県の認可を受けて、各種学校法人つくばグローバルアカデミーが経営する学校になりました。同時に10教室を有するログハウス風校舎が完成しました。本年3月11日の震災では校舎も生徒も一様に無事でしたが、その一週間後の3月18日に前校長が急遽するという不幸に見舞われました。その後、長年に渡り前校長と苦楽を共にしてきたシェイニー・クロフォードが校長職を引き継ぎました。現在では5カ国10名の専任教職員の下、20カ国80名を超す生徒が日々勉学に励んでいます。

この度のPYP認定は、本校が生徒に世界水準の教育を提供しているということを意味します。本校では、IBに準拠したカリキュラムにより、批判的思考および行動力や決断力を持ち、生涯にわたって学び続けることの大切さを理解し、全ての文化や人々を認め尊敬できるような人材の育成に取り組んでいます。

IB Certificate of Authorization to Offer the Primary Years Programme

本校はまだ成長途中の段階にあり、限りない可能性を秘めています。今後はこの筑波研究学園都市という立地をより生かした教育にも取り組んでいきたいと考えます。本校は、つくば市を、そして世界をより良いものにするためにこれからも教育に邁進して参ります。

国際バカロレア(IB)とは
1968年に発足した財団法人国際バカロレア機構(IBO;本部=スイス・ジュネーブ)によって作られた国際的な教育プログラムです。「国際的に認められる大学入学資格」の授与および「学生の柔軟な知性の育成と、国際理解教育の促進」(文部科学省HPより引用)を目的としています。IBには以下の3つのプログラムがあります。

  • 初等教育課程 (Primary Years Program=PYP) 3~12歳 ※本校は3~11歳
  • 中等教育課程 (Middle Years Program=MYP) 11~16歳 ※本校は12~16歳
  • ディプロマ資格取得課程 (Diploma Program=DP) 16~19歳

なお、IBについての詳細は、以下のIBOおよび文部科学省のホームページで確認できます。
IBO HP: http://www.ibo.org/
文部科学省 HP: http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/ib/index.htm

本校では毎月、学校見学会を実施しております。学校関係者以外の方の参加・見学も大歓迎です。ぜひ足をお運びください。(事前にご連絡いただきますようお願いいたします。)

About TIS

Comments are closed.