TISとは…

つくばインターナショナルスクール(TIS)は、英語を話す子供たちのために、英語をベースとした教育の必要性から、1992年に設立されました。TISの主な目的は、以下の通りです。

  • 英語をベースとした教育を提供すること
  • 子供たちが自立的に進歩的な考え方ができるように入念に考えられたカリキュラムを提供すること
  • 子供たちにとって魅力的な授業を提供すること
  • 愛情に満ちた温かい雰囲気の学びの場を提供すること
  • 子供たちに地球市民としての誇りと責任を学んでもらうこと

この日本語版のウェブサイトは、基本的な情報だけを提供していますので、
本校の詳しい情報については
英語のウェブサイト
をご覧ください。

This Japanese site only offers a basic introduction to the school.
For more detailed information,
please see our
English website.

Tsukuba International School

TISは、2009年3月に茨城県の認可を受けた各種学校法人TSUKUBA GLOBAL ACADEMYが経営する学校になりました。

国際的で特定の宗教に偏ることのない学校です。寄付金と授業料によって成り立っており、ボランティアの方々の支援も受けながら、極力経費を節減して運営しています。主要科目以外の美術、音楽、体育、日本語などの授業は、有資格のボランティア教師の方々にも協力していただいています。TISは、日本インターナショナルスクール協会のメンバーです。

TISでは、初等教育課程1年生から9年生までの生徒を受け入れています。通学期間は、9月から翌年の6月までで、およそ180日間の通学となります。この間、TISでは、冬休みと春休みに加えて、日本の国民の祝日も休みです。授業は、月曜日から金曜日まで、午前8時30分から午後3時05分までとなります。

教師について

TISでは、すべての常勤教師は、教育の資格を持つネイティブ・イングリッシュ・スピーカー(英語を母語とする人)であり、教職経験や国際的な教育経験の豊かな教師です。TISのカリキュラムには、すばらしい国際性があります。教科書は、アメリカ、イギリス、カナダのものを使用しています。また、年間を通して、日本の歴史や社会科なども学びます。

Tsukuba International School

カリキュラムについて

TISのカリキュラムは、どのような国籍の生徒たちにも問題のないように十分配慮されています。これまでに、オーストラリア、バングラディシュ、ベラルーシ、カナダ、中国、コスタリカ、イギリス、フィンランド、フランス、ドイツ、香港、インド、日本、韓国、レバノン、メキシコ、フィリピン、ポーランド、ロシア、シンガポール、スペイン、スリランカ、そしてアメリカ合衆国からの生徒たちを受け入れてきました。主要4教科(英語、算数、理科、社会)に加えて、TISのプログラムは、アート、音楽、日本語、物理、そして工学の分野における専門家たちによって、より素晴らしいものになっています。それは、つくば学園都市という好立地が、生徒たちにユニークな学びの場を提供してくれているからです。これまでに、TISの生徒たちは、日本宇宙開発事業団(Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA))のツアーに参加して宇宙飛行士にインタヴューしたり、国際的な科学者や研究者たちの講演を聞いたり、国立の研究機関などに見学に出かけたりしてきました。また、プロの音楽家や陶芸家などの指導を受けたり、地元住民の方々のご好意によって、竹の子掘りや田植えなどの経験をしたりもしています。


以上のTISの概要が、これからお子様のご入学を検討されようとしている皆様のお役に立てば幸いです。また、ボランティアとしてお手伝いいただける方、より詳しい情報をお知りになりたい方は、お電話、FAX、あるいはE-mailにて学校事務局にご連絡ください